« 新製品ガイド ニコノス | トップページ | 6x6判が“6つの画角”をとらえる »

専門家が生涯の仕事をたくせるカメラ

今から51年前、1963年夏頃のライカM3を宣伝したものです。

19637m3s
この当時、M3登場から既にまる9年経っていました。
連動露出計、ケース、明るいズミルックス付で定価230600円と広告に価格を載せていました。
因みに当時まだ販売されていたニコンSPに1.1付きが107000円、それにニコンメーター4800円、革ケース2200円の計114000円でした。更にモータードライブS36の50000円とステレオニッコール一式26500円を付けてもまだM3セットより安いですね(汗)

|

« 新製品ガイド ニコノス | トップページ | 6x6判が“6つの画角”をとらえる »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/60135904

この記事へのトラックバック一覧です: 専門家が生涯の仕事をたくせるカメラ:

« 新製品ガイド ニコノス | トップページ | 6x6判が“6つの画角”をとらえる »