« “カメラはレンズが生命” | トップページ | 地方から御来店の御客様には交通費全額負擔いたします。 »

標準レンズ付きカメラ修理料金 (43年前)

1971年3月、ニコン新聞によると当時修理料金の改定が行われたとの事で、下はその標準レンズ付きカメラに関する料金の一覧です。
19713s
少し気になったのは、ニコンフォトミックFTnとアクションファインダー付きが同料金、他のフォトミックTやTnと微妙に違う点です。
生憎リペアマニュアルが無いので確認できませんが、勝手な想像では、部品点数では少ないと思われるアクションファインダーもそれだけ調整項目が多く、工数がFTn並にあるのでしょうか。

他にはファインダーの複雑なSPより、比較的単純なニコンI~SやS2が高いのも気になりました。
尤も、交換必須のショートパーツ代が後者の方が高いのかもしれませんが、真相が分からないのでこれも勝手な想像でしかありません。

仮に、現在この料金でやってもらえるなら、諦めていたかなりの台数をオーバーホールに出したいですね(笑)

|

« “カメラはレンズが生命” | トップページ | 地方から御来店の御客様には交通費全額負擔いたします。 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/60172504

この記事へのトラックバック一覧です: 標準レンズ付きカメラ修理料金 (43年前):

« “カメラはレンズが生命” | トップページ | 地方から御来店の御客様には交通費全額負擔いたします。 »