« 電気露出計内蔵・連動カメラ | トップページ | キヤノンレポート40 キヤノンルミフィールドファインダーV »

シャッタの高速回轉部にボールベアリングの使用

1955年7月頃のカメラ雑誌掲載のニコンS2宣伝広告です。
19557s
ニコンカメラは早くからボールベアリングをシャッター軸受部などに採用し、過酷な条件でも撮影出来たというエピソードを何度か目にした方も多いかと思います。

6135698、これは画像のニコンS2の軍幹部に刻まれた製造番号ですが、中途半端にも見えますが、6135***番台から始まっていると言われてますので、じつは結構な若番なんですね。

|

« 電気露出計内蔵・連動カメラ | トップページ | キヤノンレポート40 キヤノンルミフィールドファインダーV »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59916250

この記事へのトラックバック一覧です: シャッタの高速回轉部にボールベアリングの使用:

« 電気露出計内蔵・連動カメラ | トップページ | キヤノンレポート40 キヤノンルミフィールドファインダーV »