« ライカM3広告2 | トップページ | 35ミリか二眼レフか »

ミランダT

以前にも紹介しましたがそれより少し早い時期のミランダT型の宣伝広告です。
19571s
この頃、日本光学のカメラと言えばニコンS2が現行機でした、また、次期新型ニコンの噂もささやかれ出した頃でもありました。

宣伝の文言はペンタプリズムカメラの優位性を謳ったものでしたが、プリセット絞りやシャッターレリーズと同時にブラックアウトするファインダーは、1955年登場のこのカメラでは「まだ」仕方が無かったと言ったところでしょうか。

|

« ライカM3広告2 | トップページ | 35ミリか二眼レフか »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/60015528

この記事へのトラックバック一覧です: ミランダT:

« ライカM3広告2 | トップページ | 35ミリか二眼レフか »