« ニコンS2 近江屋の広告2 | トップページ | ニコレックス35 新発売広告 近江屋版 »

必要に応じ17種のニッコールレンズを自由に交換駆使出来る

1957年春頃の日本光学のニコンS2を宣伝したものです。
19573s
「是非一本でも多くの交換レンズを御用意下さい!」
当時も今も変わりないでしょうが、少しでも良い写真を撮る為、世のお父さんはそれを目指して頑張って働いていたのでしょうね。(汗)

|

« ニコンS2 近江屋の広告2 | トップページ | ニコレックス35 新発売広告 近江屋版 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

この時代、交換レンズ手に入れられた方は少なく、ニコンS2を含むニコンのレンジファインダー機を見てみると、交換レンズを使用した痕跡のないボディーがほとんどです。

ニッコールは高価だったため、初めての望遠レンズはプリセット絞りのタクマー135ミリF3.5でした。昭和40年代になり、ニコンFを使っていた人でも、望遠レンズの中で、最もポピュラーだった135ミリF3.5にしても、他のメーカーと比べて高価だったことに購入するのに困っていたのですから。

交換レンズも少なかったため、いまでもニコンのレンジファインダー機を扱っている店などでボディーだけのニコンのレンジファインダーを見ていると、「レンズはありませんよ」と店の人に言われますが、「交換レンズあるから、大丈夫です」と言うと、驚かれます。交換レンズはニコンがレンジファインダーの生産を打ち切った後に、購入しました。

投稿: ガタピシ | 2014年7月18日 (金) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59995130

この記事へのトラックバック一覧です: 必要に応じ17種のニッコールレンズを自由に交換駆使出来る:

« ニコンS2 近江屋の広告2 | トップページ | ニコレックス35 新発売広告 近江屋版 »