« 二つのお知らせ | トップページ | 新生産計画・概要 »

使い捨てカメラを分解する

アサヒカメラ1988年1月号に、当時広く普及してきた使い切りカメラ、レンズ付きフィルムの代表格2機種を分解する記事が載って居ました。
皆さんご存知のように、時代はこのあとフラッシュ付きが定着し、パノラマも登場、しかし、デジカメに移行して市場は小さくなって行くのでした。
19881s


|

« 二つのお知らせ | トップページ | 新生産計画・概要 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

当時はいわゆるバブル景気という奴でしたが、高額なサンニッパでアイドルを狙うカメラ小僧がいた一方で、この様なシンプルなカメラが流行ってたというのも不思議ですね。
写真を撮る行為にカメラは欠かせませんが鶏と卵の話を思うといい写真が残ればそれがベストなんですけどね。それでも私はカメラが好きです。

投稿: 空間歩行人 | 2014年6月28日 (土) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59885807

この記事へのトラックバック一覧です: 使い捨てカメラを分解する:

« 二つのお知らせ | トップページ | 新生産計画・概要 »