« フォクトレンデル | トップページ | ニコンFアクション »

キエフ5型

カメラレビュー26号の記事です。
5s
田中長徳氏がワルシャワで発掘(笑)してきたカメラだそうです。


|

« フォクトレンデル | トップページ | ニコンFアクション »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

この記事の最後の方に書かれていますが、キエフ5型の標準レンズは、コンタックスマウントではない、独自のバイヨネットマウントでした。ニッコール5cmf/1.1後期型のように外側バイヨネットに取り付けるようにすれば、ボディ側の内側マウントは省略できる上に、4型などとの互換性も維持できたのにと思います。

投稿: スポック | 2014年6月21日 (土) 22時48分

キエフ5型を語るときに外せないのが、52mmf/0.9という超大口径標準レンズです。私は詳しいことは全く知らないのですが、管理人様は何かご存じではないでしょうか?

投稿: スポック | 2014年6月21日 (土) 22時51分

残念ながら、内バヨネットの仕様、大口径レンズなどの情報を私は持って居りません。

投稿: MARU0 | 2014年6月22日 (日) 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59848921

この記事へのトラックバック一覧です: キエフ5型:

« フォクトレンデル | トップページ | ニコンFアクション »