« エッジが鋭い高感度タイプ3,150円 | トップページ | 35ミリ一眼レフ各部名称図解 »

S→SB→AS

1976年7月のカメラ総合カタログと1977年1月の同カタログのニコンF2フォトミックSとSBが載った部分です。
19767s
他のカメラや部分は変わらず、ほとんど同じ内容のカタログで言わばこの画像の機種のみ変わったといえるものでした。
その後のAI化ではカメラ総合カタログも模様替えしてしまい、ニコンF2の部分は下のようになりました。
1978s


1976年7月から僅かな期間のカタログ変遷ですが、1977年3月にご存知のようにAI化となり、さらにそのおよそ半年後にはF2フォトミックASが登場と約1年の間にフラッグシップ機の頭(ファインダー)がコロコロと入れ替わって、皆さんも印象に残っている事と思います。


|

« エッジが鋭い高感度タイプ3,150円 | トップページ | 35ミリ一眼レフ各部名称図解 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59686944

この記事へのトラックバック一覧です: S→SB→AS:

« エッジが鋭い高感度タイプ3,150円 | トップページ | 35ミリ一眼レフ各部名称図解 »