« シャープさも、カラー再現力も、原板そのまま。 | トップページ | シリーズ2人展 1978年12月 »

交換レンズは多いに越したことはない。だが、最も大切なのは自分自身の眼だ。篠山紀信

1975年暮頃のカメラ雑誌掲載のミノルタCMレンズを特集した宣伝広告の一部です。
197512s
タイトルは篠山紀信氏の言なのでしょうね、それとMCロッコールレンズ、カメラボディの一覧が紹介されて居ました。

|

« シャープさも、カラー再現力も、原板そのまま。 | トップページ | シリーズ2人展 1978年12月 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

 当時としてはなかなかのレンズシステムでしたね。私も何本かを愛用しました。特にお気に入りはズームの100〜200mmF5.6です。操作性がよかったので、広角系のズームレンズのラインナップ入りが待ち遠しかったです。
 ただ、ボディのほとんどがスクリーン交換ができなかったので、中心部のプリズムが陰ってしまって本領を発揮できなかったのが残念です。

投稿: しんじ | 2014年5月 9日 (金) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59565815

この記事へのトラックバック一覧です: 交換レンズは多いに越したことはない。だが、最も大切なのは自分自身の眼だ。篠山紀信:

« シャープさも、カラー再現力も、原板そのまま。 | トップページ | シリーズ2人展 1978年12月 »