« 土門拳とアルフレッド・アイゼンシュタットの対談 | トップページ | エッジが鋭い高感度タイプ3,150円 »

1934年カメラ界に齎す メンターカメラ 

昭和9年のカメラ雑誌広告です。

ドイツメンター社のドレヴィアーは小型カメラでしたがライカと違い35ミリ映画フィルムを使う物ではありませんでした。19345s

当時、35ミリカメラのライカは連動距離計を内蔵したII型が登場していましたが、こちらは別付けの距離計が付属していたようです。

|

« 土門拳とアルフレッド・アイゼンシュタットの対談 | トップページ | エッジが鋭い高感度タイプ3,150円 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59676569

この記事へのトラックバック一覧です: 1934年カメラ界に齎す メンターカメラ :

« 土門拳とアルフレッド・アイゼンシュタットの対談 | トップページ | エッジが鋭い高感度タイプ3,150円 »