« ライカの接写装置 | トップページ | ストロボの原理と最近の傾向 »

3つのネオパンの特徴を生かした使い方!

昭和31年、ネオパンSSSが出てあまり間が無い頃の宣伝広告です。
1956s
このような広告が出ていたと言うのも、当時のアマチュア写真家は自家現像がごく普通に行われたいたからなのでしょう。これよりもう少し後になりますが、私も中学生の頃から長尺フィルムをマガジンに詰めて撮影し、自家現像で写真を焼いていました。暑い夏の時期の液温管理が大変でしたね。


|

« ライカの接写装置 | トップページ | ストロボの原理と最近の傾向 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

私には冬の温度管理も大変でした。
夏のプリント作業は、サウナの中でやるようなもので、プリント作業をすると、シャツから汗が絞れるほど出たのを思い出します。

投稿: ガタピシ | 2014年3月10日 (月) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/59260598

この記事へのトラックバック一覧です: 3つのネオパンの特徴を生かした使い方!:

« ライカの接写装置 | トップページ | ストロボの原理と最近の傾向 »