« 1966年オリンパスペンF広告 | トップページ | NASAは、三度パートナーにニコンを選んだ。 »

これは何でしょう?

下の画像はあるカメラのシャッターユニットです、黄色文字の矢印で示した物は何と呼ばれている物でしょう?
S

ニコン通の皆さんですから、これも簡単に当ててしまうでしょうね。
正解とコメントは後日追記します。


正解はニコンF4のシャッターバランサーです、皆さん正解でした。
因みにニコンF5ではこれが使われて居ませんが、バランサーが悪かった訳ではなく、必要としなくても十分信頼性のある物になったという技術の進歩なのでしょう。

|

« 1966年オリンパスペンF広告 | トップページ | NASAは、三度パートナーにニコンを選んだ。 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

たしかF4のシャッターバランサー
先幕と逆に動いてブレを打ち消すためのおもり
F4にはあちこちに「そこまでするか」って小技が詰まってるバランサーはデジカメにも採用していいんじゃないかな

投稿: たんいち | 2013年12月18日 (水) 02時51分

いつも当てずっぽう(笑)
F4シリーズのシャッターバランサーでどうでしょう?

投稿: NIRO | 2013年12月18日 (水) 13時54分

シャッターバランサーですね。

投稿: ガタピシ | 2013年12月18日 (水) 17時13分

Nikon F4シリーズ搭載の縦走行シャッターユニットに装備されたシャッターバランサーですね(矢印の部分は、タングステン合金製の質量マスの部分ですが)。
F4独特のシャッターバランサーですが、先幕(高強度アルミ合金を使ったブレード2枚と炭素繊維複合材料を使ったブレード2枚の計4枚)の走行に起因するショックやブレを打ち消すために先幕とは逆方向に動くバランサーで、比重18.5のタングステン合金製のマスを使っていますね。
F4は縦走行の高速FPシャッター搭載機ですが、強度が大きいながら軽量なシャッターブレードとシャッターバランサーの効果だけでなくアルミ合金製のシャーシは剛性も高く、質量がそれなりにあることからシャッターショックやブレが少ない一眼レフカメラだと思います。ファインダーの見えも素晴らしいですね。今でも手持ちのF4Eの2台は、その後のF5導入まで私の主力機でした。

投稿: MARK12 | 2013年12月18日 (水) 21時20分

F4のシャッターバランサーですね。タングステン合金を使用しているとか…。

投稿: citluvit | 2013年12月18日 (水) 23時30分

シャッターバランサーですね。
F4のものでしょうか。

投稿: D600s | 2013年12月19日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/58768797

この記事へのトラックバック一覧です: これは何でしょう?:

« 1966年オリンパスペンF広告 | トップページ | NASAは、三度パートナーにニコンを選んだ。 »