« ニコンS3M他ハーフカメラ紹介記事 | トップページ | 使いやすく改良されたニコノスII型 »

ヤシカペンタマチック

ニコンF発売1年後に登場したヤシカ初の35ミリ判一眼レフカメラです。
19606s
1/1000秒を備えた一軸不回転の布幕フォーカルプレーンシャッター、クイックリターンミラー、完全自動絞りの近代的な一眼レフとなっています。一説によるとシャッターなどは買収したニッカカメラによる設計とか言われてますが、詳しい事は分かりません。

そして、この翌年にはII型となりましたが、私は何処が違うのか良く知りません、ご存知の方ご教示願います。

このカメラの特徴はトリオレバーで、ニコンF同様に巻き戻しクランク部にアクセサリーシューが設けてありますが、裏側にあるレバーをR位置にてクランク付ノブが飛び出し巻き戻しが可能に、O位置にてノブをさらに引き上げると裏蓋が開くとの事で、結構凝った造りになっています。

そう言えば、このカメラの標準レンズは5.5cmF1.8ですが、翌年発売のII型では5.8cmF1.7となり、こちらは富岡光学製と言われてますね。この辺もII型に変わった要因の1つでしょうか?


|

« ニコンS3M他ハーフカメラ紹介記事 | トップページ | 使いやすく改良されたニコノスII型 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/58576623

この記事へのトラックバック一覧です: ヤシカペンタマチック:

« ニコンS3M他ハーフカメラ紹介記事 | トップページ | 使いやすく改良されたニコノスII型 »