« 1999年末頃のニコン一眼レフカメラ中古相場 | トップページ | 引伸し用レンズと色収差 豆知識 »

最も進歩したカメラ 

1954年頃のアサヒフレックスの宣伝広告です。
1954_s
これにはクイックリターン機構にふれられて居らず、シンクロ接点らしき物が見えますのでIA型のようです。
因みにこの頃の日本光学ではニコンS2の登場を待っている頃でもありました。

|

« 1999年末頃のニコン一眼レフカメラ中古相場 | トップページ | 引伸し用レンズと色収差 豆知識 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/58290669

この記事へのトラックバック一覧です: 最も進歩したカメラ :

« 1999年末頃のニコン一眼レフカメラ中古相場 | トップページ | 引伸し用レンズと色収差 豆知識 »