« M3に劣らないニコンSP | トップページ | CANONの真価を益々このアクセサリーで »

このカタログの登場時期を推理して下さい。

下の画像はある時期のニコンFマウント用ニッコールレンズカタログの一部ページです。
S
この部分から、このカタログが出回り始めた時期を推理してみて下さい。


ヒントを出すと難度がかなり下がってしまいますが、一応、、、「標準レンズ」

答えとコメントは後日追記致します。

このカタログ発行の時期は1972年7月頃です。皆さんのコメントにありますように50mmF1.4のマルチコート化の時期とその次にマルチコート化された24mmF2.8が出る同年12月までの期間出ていた物です。

|

« M3に劣らないニコンSP | トップページ | CANONの真価を益々このアクセサリーで »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

1972年の下半期と思います。
Auto50mmF1.4が多層膜コーティング化されるのが1972年7月、Auto24mmF2.8の多層膜コーティング化が1972年12月、Auto15mmF5.6の発売が1973年3月なので、50mmF1.4Cの発売から24mmF2.8Cの発売までの間の1972年下半期と推測します。

投稿: D600s | 2013年9月23日 (月) 11時40分

このカタログに載っている多層膜コーティングのNIKKOR SC Auto 50mmF1.4の発売は1972年7月で、24mmF2.8レンズは1972年12月発売の多層膜のNC Autoタイプに未だなっていませんから1972年の7月から11月までの間のカタログでしょうね。
1973年3月発売のNIKKOR Auto QC 15mmF5.6は近日発売と記載されていますね。

投稿: MARK12 | 2013年9月23日 (月) 21時04分

西暦だと1972年、昭和だと47年の夏頃ではないでしょうか。

投稿: ガタピシ | 2013年9月24日 (火) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/58238959

この記事へのトラックバック一覧です: このカタログの登場時期を推理して下さい。:

« M3に劣らないニコンSP | トップページ | CANONの真価を益々このアクセサリーで »