« 35mm一眼レフ待望の国産化なる! | トップページ | 初めてキャノネットを使う人のために »

超々望遠でのぞく迫力の世界

アサヒカメラ1979年8月号のテストレポートにはタイトルのようにキヤノン、日本光学、ミノルタの超望遠レンズを使ったレポートが載って居ました。
1s
23s
45s


|

« 35mm一眼レフ待望の国産化なる! | トップページ | 初めてキャノネットを使う人のために »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

この1979年当時の記事で紹介されているキヤノンレフレックス3000mm F14のレンズは、あまり馴染みのない特殊レンズではないかと思いますが、「Canon 3000mm F14リモ一トコントロ一ルテレビ撮像装置TPV-A3000」等に使われていたレンズとほぼ同じもののように見えます。
1000mmや1600mm、2000mm等の反射式超望遠レンズは、海峡監視あるいは国境警備などの監視用途にも適していますので各国でも同類のものが使用されてきたようです。
TPV-A3000などは、焦点距離が3000mmもあるレンズに小型TVカメラを装着し、映像信号を大型のビデオレコーダーに記録する遠隔操作方式の撮影システムのようですから、継続的な海峡監視などにも向いた装置だったと思います。

投稿: MARK12 | 2013年7月31日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57893949

この記事へのトラックバック一覧です: 超々望遠でのぞく迫力の世界:

« 35mm一眼レフ待望の国産化なる! | トップページ | 初めてキャノネットを使う人のために »