« 世界は記録を待っている | トップページ | F3には4000分の1秒がふさわしい »

ビデオ スチル コンバインド カメラシステム

1988年10月の写真工業にはタイトルのようなカメラシステムの紹介がありました。
198810_12s
198810_34s
これは簡単に言えば、ファインダー交換可能な一眼レフカメラのファインダー部分を外してそこにビデオカメラを付け、動画と銀塩写真が撮影できるシステムです。一例としてニコンF3とペンタックスLXが紹介されています。

この記事の時点では、既にAFカメラでファインダー交換可能なニコンF4も発表されています、また、現在ならF5の中古などとも組み合わせ可能ですね、しかし、今なら、AF機F4やF5のファインダーをリレーレンズ付きデジカメにも出来そうな気がします、ただし作ったとしても売れるとは思えませんので採算は取れないでしょうね(汗)

|

« 世界は記録を待っている | トップページ | F3には4000分の1秒がふさわしい »

NikonF3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57803770

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ スチル コンバインド カメラシステム:

« 世界は記録を待っている | トップページ | F3には4000分の1秒がふさわしい »