« 世界初の1/4000秒は、どんな映像を捉えるか。 | トップページ | 理研科学のリコーフレックスIIII型 »

大口径のニッコール3本、新登場。

1981年秋頃、AI-Sタイプレンズが正式に発表されて間もない時に発売された大口径望遠レンズの宣伝広告です。
198110s

これらレンズの番号を見ますと85mmが179101、105mmが179097、180mmが380002?と読み取れました。
それぞれの番号のスタートと言われているのが85mmと105mmは同じ番号で179091です、また、180mmは380001と言われてますので、この新発売広告の撮影に使われたレンズの鮮度が分かりますね(笑)

|

« 世界初の1/4000秒は、どんな映像を捉えるか。 | トップページ | 理研科学のリコーフレックスIIII型 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

●いつも楽しく拝見しております。105ミリはデジタル全盛の今でも我が家では現役で、D4に装着して愛用しております。さすが大口径中望遠・望遠時代の幕開けを飾るにふさわしいレンズと思います。●105ミリはその後、135ミリと共にDCレンズ機能が付き、一層進化して行きましたね。

投稿: ふみとパパ | 2013年7月 5日 (金) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57712678

この記事へのトラックバック一覧です: 大口径のニッコール3本、新登場。:

« 世界初の1/4000秒は、どんな映像を捉えるか。 | トップページ | 理研科学のリコーフレックスIIII型 »