« ビデオ スチル コンバインド カメラシステム | トップページ | マキナW67試用記 »

F3には4000分の1秒がふさわしい

アサヒカメラ1982年5月号掲載「新ニコン物語」4回目にはタイトルのような記事が載って居ました。
4s


|

« ビデオ スチル コンバインド カメラシステム | トップページ | マキナW67試用記 »

NikonF3」カテゴリの記事

コメント

ル・マンのニコンマツダは覚えています。入賞こそしませんでしたけど、ボンネットのNikonロゴはカッコ良かったですね。4000分の1秒シャッターは翌年にFE2が出ていますけど、その頃はカメラ熱がすっかり冷めてましたので記憶はありません。ニコンはまたレースのスポンサーにならないかな!

投稿: 空歩人 | 2013年7月20日 (土) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57803887

この記事へのトラックバック一覧です: F3には4000分の1秒がふさわしい:

« ビデオ スチル コンバインド カメラシステム | トップページ | マキナW67試用記 »