« 熱い信頼の絆 NPCI。 | トップページ | ついに発表されたニコンSP »

世界的定評の日本光学製品

1952年3月頃のニコンSとニッコールレンズのカメラ雑誌広告です。
19523s

ニコンSにニッコール8.5cmF2付き、それにユニバーサルファインダーの組み合わせの画像が載っています。
このレンズは三木氏がダンカン氏を撮り(実際はライカマウントの物ですが)、そのシャープさにダンカン氏が驚いたのが発端となり、日本光学製品が一躍世界の注目を浴びたのは有名なところです。
そういった意味もあってこの組み合わせにしたのでは無いのかもしれませんが、この8.5cmを見るとついそう思ってしまいます。

|

« 熱い信頼の絆 NPCI。 | トップページ | ついに発表されたニコンSP »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57574128

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的定評の日本光学製品:

« 熱い信頼の絆 NPCI。 | トップページ | ついに発表されたニコンSP »