« 露出の失敗はカメラマンの恥です | トップページ | エル・ニッコールで鮮やかに再現  森永 純 »

130余種のアクセサリー

1954年夏頃のキヤノンのアクセサリー類を宣伝した物です。
19547s

この頃からキャノンは生産の効率化による値下げや○年保証の長期保証などの採り入れは早かったですね。

|

« 露出の失敗はカメラマンの恥です | トップページ | エル・ニッコールで鮮やかに再現  森永 純 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

私はキヤノンのプリンターを使っていますが、キヤノンのプリンターが故障したため、友人にどこのメーカーがいいか聞いてみたのですが、キヤノンのインクジェットのプリンターがインクのカートリッジが最も無駄なく使えるとのことなのですが、キヤノンのインクジェットのカートリッジは光学関係の技術を応用しているそうです。

インクをカートリッジのスポンジ部分にインクを出す所はプリズム構造になっていて、エプソンのようにICチップによる印刷回数によって、インクが残っているのに、インク残量ゼロにならないように、実に巧妙な設計になっているそうです。

光学プリズムの技術がこのような使い方もあるのかと、ちょっと驚きました。

投稿: ガタピシ | 2013年6月30日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57679430

この記事へのトラックバック一覧です: 130余種のアクセサリー:

« 露出の失敗はカメラマンの恥です | トップページ | エル・ニッコールで鮮やかに再現  森永 純 »