« このレンズ名を当ててください。 | トップページ | 小さなニコンもあのニコン »

TTLダイレクト測光とは

1977年ころのオリンパスOM-2の宣伝広告です。
1977om2s

ミラーボックスを取り払ったOM-2からTTLダイレクト測光の為の反射率を持った独特なシャッター幕が見え、インパクトのある広告だと思います。
当時、接写をする時など段階露光で撮影していて、このダイレクト測光が出来るOM-2を羨ましく思ったものです。

|

« このレンズ名を当ててください。 | トップページ | 小さなニコンもあのニコン »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

TTLダイレクト測光、当時は非常にインパクトがあるキーワードのひとつでした。説明によると他の機種はミラーアップする前の露出を記憶しておくのに対し、OM-2はフイルム面のそれをダイレクトに測るという事が革新的な事だと思ったものです。シャッター幕の独特のパターンも妙に印象に残っています。

投稿: 空歩人 | 2013年5月 1日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57247103

この記事へのトラックバック一覧です: TTLダイレクト測光とは:

« このレンズ名を当ててください。 | トップページ | 小さなニコンもあのニコン »