« ニコンカメラ総合広告 | トップページ | 完全自動露出デジタルAE フジカST901 »

予想を超えたシャッターの魅力 ニコンFE2

カメラ毎日1983年4月号でニコンFE2のシャッターに関しての特徴や魅力を那和秀峻氏が紹介していました。

19834s


|

« ニコンカメラ総合広告 | トップページ | 完全自動露出デジタルAE フジカST901 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

FE2が出た83年頃はカメラにまったく興味が無い頃でAV(Hじゃなくてオーディオビデオの略です)に夢中になっていました。普通は新型が出ると愛機が魅力無くなっちゃうものですが、そのような訳で10年位はFEが第一線で活躍してました。この頃からニコンって軟派路線になった気がします。

投稿: 空歩人 | 2013年4月 6日 (土) 09時42分

●いつも楽しく拝見しております。●X250や、1/4000を実現したカメラとして凄いなぁと今でも思うのですが、デザイン面はF3登場後にもかかわらずFEと全く同じで(FM2もですが)商売っ気がイマイチの感でした。FEやFE2はEL系ともデザインが異なり、なんとなくF2アイレベルの香りがするような気すらしました。●せめて広告でも軟派にということで「MAX4000」の広告をFM2で打っていたような印象です。●技術的にはX500や、1/16000はもう限界なのでしょうか? 出るとしてもF系やFM10系統ではなくてDシリーズなのでしょうが。

投稿: ふみとパパ | 2013年4月13日 (土) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57092345

この記事へのトラックバック一覧です: 予想を超えたシャッターの魅力 ニコンFE2:

« ニコンカメラ総合広告 | トップページ | 完全自動露出デジタルAE フジカST901 »