« ズームニッコール25~50mmF4 | トップページ | リバーサルフィルムの現像行程 »

表現に、広がりと豊かさを。「ニコン」一眼レフの世界。

1976年夏頃のニコン一眼レフ勢揃いの広告です。
19768s
これが8月号のカメラ雑誌のものでしたので、およそこの1か月後にニコンF2フォトミックSB(DP-3ファインダー)の発表があった事になります。その為にF2フォトミックSの掲載を控えた訳では無いでしょうが、あらためてこの広告を見まして少し気になりました。

|

« ズームニッコール25~50mmF4 | トップページ | リバーサルフィルムの現像行程 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

この頃はこうしたスタイルの広告多かったですね。

ニコンは持っていませんが、ペンタックスとキヤノンのカタログでこのスタイルのものを持っていますが、思わずニコンだなとうなってしまいますね。

カメラに標準レンズが付いたものが並んでいるだけですが、ニコンはレンズも違う。ニコンの誇るシステムが付けられているのですから。

F2に付いているnewニッコール80~200ミリF4.5ですが、Ai改造されたものは生産期間が短いAiのこのズームの初期型と区別は難しいですね。デザインは同じですから。
シリアルナンバーが分からなかったら、マウント部分を見ないと分かりません。

投稿: ガタピシ | 2013年3月27日 (水) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57031750

この記事へのトラックバック一覧です: 表現に、広がりと豊かさを。「ニコン」一眼レフの世界。:

« ズームニッコール25~50mmF4 | トップページ | リバーサルフィルムの現像行程 »