« キヤノンフラッシュの電源 | トップページ | 1953年当時、世界一明るいレンズ »

新しいレンズのはなし

1954年4月のアサヒカメラにフォーチュンからの記事が紹介されており、タイトルのような記事も載っていました。
これには当時割合新しい設計で作られたズミクロン5cmF2などのレンズが各種紹介されていました。
19544s
ニッコール5cmF1.4は「近頃ニュース写真家に大評判、ゾナーF1.5の巧みな再設計品」で、しかも、当時米国で218ドル以上で売られていたようです、レートは分かりませんが高価だったのは間違いないですね。

|

« キヤノンフラッシュの電源 | トップページ | 1953年当時、世界一明るいレンズ »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/57000126

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいレンズのはなし:

« キヤノンフラッシュの電源 | トップページ | 1953年当時、世界一明るいレンズ »