« ニコンS型と広角レンズ | トップページ | 今、再び、「時の話題」レンズにも放射能 »

キヤノンカメラホルダー

今から数十年前、1954-5年頃のキヤノンレポートの中のカメラホルダーに関するものです。
15s
台形の革?ケースに入ったこのカメラホルダー、意外と見かける事があります、それも綺麗な品が多い、丁寧に仕上げられている事も一因でしょうが、あまり使われず箪笥の肥やしにでもなっていた、眠っていた品が多かったのではないでしょうか。


|

« ニコンS型と広角レンズ | トップページ | 今、再び、「時の話題」レンズにも放射能 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

当時フィルムも高価だったことも余り使われなかった理由にあると思います。
昭和40年代初め頃でも、トライXの36枚撮り一本で、今の価格に直すと3000円ぐらいしていたのですから。

この頃はカメラ一台が標準に購入するのでも大変。アマチュアで交換レンズまで手に入れる人はまれで、母がこの頃、勤めていた会社は当時としては給料の良い業種で、直属の上司の人がキヤノンⅣSbに標準と135ミリ買うのに、二年位ボーナスもほとんど手に付けず、給料も貯金に回してようやっと手に入れてた時代です。

プレゼントされたのでしょうか、当時としては珍しい6×6のカラーのポジとプリントが残されています。母も若く、着ているものも靴も良いものでした。

投稿: ガタピシ | 2013年2月11日 (月) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/56711170

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンカメラホルダー:

« ニコンS型と広角レンズ | トップページ | 今、再び、「時の話題」レンズにも放射能 »