« ますます拡大されていくニコンの撮影分野 | トップページ | ビショフとキャパの死 »

超大口径レンズは実用的か

2月9日に紹介しました「超大口径レンズの性能拝見」と同じアサヒカメラ1954年10月号でタイトルのような関連記事も載っておりました。
S

この記事の中には「日本光学でもF1.2が試作、小西六でもF1.3を研究」とあります、実際に後年完成した物はそれぞれF1.1とF1.2でしたね。

|

« ますます拡大されていくニコンの撮影分野 | トップページ | ビショフとキャパの死 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/56738155

この記事へのトラックバック一覧です: 超大口径レンズは実用的か:

« ますます拡大されていくニコンの撮影分野 | トップページ | ビショフとキャパの死 »