« ビショフとキャパの死 | トップページ | ニコンとニッコール広告 »

良く分からない広告宣伝

下の画像は昭和29年5月、フジカフレックスの発売を宣伝したものです。
19545s
特徴や各部名称などをカタログ的にデザインしたものですが、発売中なのか、近日発売なのか、また価格、製造や販売会社名、出張所の所在連絡先など肝心な情報が載っておりません。
しかし、この広告と同じ月の新製品ニュース(メモ)には仕様や予定価格帯が載っておりました、
195452s(アサヒカメラ1954年5月号より)
これを見てある程度仕様などの概要は分かりますが会社名や正確な価格はこの時点では分からず仕舞いですね。
尤も、「フジカ」名でフジフィルム製と分かりますが定価は分からないですね、因みに、国産他社のTLRは大体10000円程度から25000円程度の物が多い中、オートマットとは言えフジカフレックスは65000円と6~3倍程度高価な高級カメラでした。
195410


|

« ビショフとキャパの死 | トップページ | ニコンとニッコール広告 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/56753795

この記事へのトラックバック一覧です: 良く分からない広告宣伝:

« ビショフとキャパの死 | トップページ | ニコンとニッコール広告 »