« ニコン物語・6 | トップページ | この部品を使うカメラ名を当ててください。 »

ニッコールT 35cmF4.5

1959年6月頃の発売と、ほぼニコンFと時期を同じくして登場した35cmの望遠レンズです。
35cmf45s
これはニコンマウントでレフボックス併用でニコンカメラに付けて使用できます、また、N-Fリングを介してニコンFにも使える様になっていました。
このレンズの特徴としては説明にありますように、セミオートプリセット絞りで、ニコンFに使う場合、専用のダブルワイヤレリーズをレンズ鏡筒中程とカメラのシャッターボタンに付け、スプリング式のレバーをセットしておくと、レリーズ時に任意の絞り値まで絞られて撮影が出来る様になっていました。


35cmf45


|

« ニコン物語・6 | トップページ | この部品を使うカメラ名を当ててください。 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/56627953

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコールT 35cmF4.5:

« ニコン物語・6 | トップページ | この部品を使うカメラ名を当ててください。 »