« ニコレックス35-2型の技術資料 | トップページ | ニコレックスFの技術資料 »

梟(フクロウ)の眼を擁して登場

キヤノンブースターを付けたキヤノンFTの広告宣伝です。このブースターは以前>FTbカタログ内の当該部分を紹介しましたように継続販売されたアクセサリーでした。
Ft_booster

以前紹介しましたようにカメラ内蔵のCdSへ繋がる外部接点をあらかじめ用意してあり、可能になったTTLブースターですが、仮にニコマートFTnやニコンFフォトミックTn/フォトミックFTnファインダーなどにも同様の接点が設けてあったならば、どのようにまとめて出したでしょうか、少し興味があります。
因みに、日本光学ではこのようにEV-3.5まで測光可能なカメラやファインダーは出ておらず、1973年発売のDP-2ファインダーでもEV-2まででした。

|

« ニコレックス35-2型の技術資料 | トップページ | ニコレックスFの技術資料 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/56224682

この記事へのトラックバック一覧です: 梟(フクロウ)の眼を擁して登場:

« ニコレックス35-2型の技術資料 | トップページ | ニコレックスFの技術資料 »