« この一瞬がたまらない。 | トップページ | ニコンF4システム図と仕様 »

冊子「ニコンFシリーズのすべて」F、F2紹介部分

ニコンF4現行時にニコンより配布されていた冊子「ニコンFシリーズのすべて」のF、F2紹介部分です。
Fs


F2s


|

« この一瞬がたまらない。 | トップページ | ニコンF4システム図と仕様 »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

Fの時代をリアルタイムで語れる方も、高齢になっていますから、歴史ですね。

高齢で自分で使えなくなった方は大事に使ってくれる人に託したい人は少なくないようです。

ヤ●オフの出品のコメント読んでいると、私は写真に興味がなく父が、祖父が8×なので大事に使ってくれる人に。等と、出てきます。

F2はメカニカルシャッターの一眼レフの最高峰とも言えるカメラですが、ライカの修理などで有名な早田カメラの御主人(修理もする)曰く、使用されているパーツの材質はFの方が優れているとのことです。M3と比べてもそん色がないそうです。

Fの時代はドイツ(当時は分断されていたので、西ドイツになりますね)で加工製造することができても、日本では出来ない物もかなり多くなったようです。

国鉄・大船工場に勤務していたおじさんの話によりますと、工場で工作機械の整理をしたとき、ウデがあれば出来ない物はないとゆわれていた戦前製のドイツの工作機械が出てきたそうですが、余りに精緻で高度なウデを必要としたため、整理されたそうです。

あの戦争ではドイツのマイスターに負けない熟練工の人が、その機械の使い方を次の世代に教えることができなかった背景があったのでしょうね。

投稿: ガタピシ | 2012年11月 8日 (木) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/56028894

この記事へのトラックバック一覧です: 冊子「ニコンFシリーズのすべて」F、F2紹介部分:

« この一瞬がたまらない。 | トップページ | ニコンF4システム図と仕様 »