« 1963年のAFカメラ | トップページ | ミクロの世界は、驚きの小宇宙だ。 »

F2とどこが違う!ニコンF3試用記

1980年のカメラショー後のアサヒカメラには「特集'80カメラショー新製品の徹底分析」とした新機材などの紹介記事が特集で組まれていました。その中に新製品ニコンF3の試用記も載っていました。
198041s
198042s
198043s


|

« 1963年のAFカメラ | トップページ | ミクロの世界は、驚きの小宇宙だ。 »

NikonF3」カテゴリの記事

コメント

> ペンタプリズムをはずすと、ボディーの手前側に二ヵ所、電気接点が~常識的に考えて~

数が少なすぎますよね。
F3Pで利用されたシンクロ回路のためのものでしょうか
F3AFでは確かに数多くの接点を増設したボディーになりましたが、
「最新カメラ分解シリーズ ニコンF3AF」ではAFファインダー用接点とされていますが良く分かりません

投稿: のり | 2012年9月11日 (火) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/55627112

この記事へのトラックバック一覧です: F2とどこが違う!ニコンF3試用記:

« 1963年のAFカメラ | トップページ | ミクロの世界は、驚きの小宇宙だ。 »