« マイクロフォトとキヤノン シネレンズ | トップページ | 広角用ファインダー内蔵の独創 »

マイクロフィルムネタ

前日の切手大のマイクロフィルムの画像と同じ物が1959年8月のアサヒカメラにも紹介されていました。
1s
2s
3s
4s
5s
これには他に芥川龍之介の作品が納められたマイクロカードの試作品も紹介されています。その制作年を見ますと1952年となっています、以前日本光学のRニッコール5cmF3.5の紹介をした時にも同様のマイクロカードが載っていました。こちらは制作年が1955年でしたし、Rニッコール(マイクロニッコール)の出図時期が1954年4月ですので、芥川作品が納められた1952年のマイクロカードはマイクロニッコールで撮影された物ではなさそうです。
そして、このマイクロカードから更に3年ほど経たキヤノンレポート記事では既に切手大のサイズまで縮小が進んだ事になりますね。

|

« マイクロフォトとキヤノン シネレンズ | トップページ | 広角用ファインダー内蔵の独創 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

アメリカの政府公文書はデジタルの他に、マイクロフィルムによる保存を併用していますね。

いまはデジタル全盛なので、映像や文章もデジタル化されていますが、デジタルの保存性も万能ではないようです。

デジタルの欠点に1970年代のIBMの汎用コンピューターでデーターベース化された記録が、メディアの再生用コンピューターがいまはないため、読み取り不可能とのことです。

大学の教職員をしていた先輩が、PCが導入された頃の記録メディアが5インチ、7インチフロッピーだった時代のデーターベースがいまのフロッピーと言われているメディアで安定した頃まで初期のフロッピーからデーターベースをダウンロードするためPC廃棄ができなかったとこぼしていました。
今でも続いていると思います。


投稿: ガタピシ | 2012年7月25日 (水) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/55271144

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロフィルムネタ:

« マイクロフォトとキヤノン シネレンズ | トップページ | 広角用ファインダー内蔵の独創 »