« 新聞写真の舞台裏4 | トップページ | 全長わずか126mm »

芸術品。

1971年頃のツァイスコンタレックススーパーの広告宣伝です。
1971s

当時とても手が出せる価格ではなかった憧れのカメラでした。この頃は既にツァイスイコンからカールツァイスへ移行した頃でしたね。
知人に見せてもらい、このカメラ用レンズで印象が強く残っているのはプラナー85mmF1.4です。これはとてもシャープな描写なのですが、なんと絞りを見てビックリ、3角形なんです。なんでこんな形にしたのでしょうね?
さて、価格ですが、標準F1.4付きで418000円、もう少しで大衆車が買えそうな金額でした。因みに、この広告と近い時期に出たキヤノンF-1がF1.4付きで100000円、この後出たニコンF2フォトミックがF1.4付きで108200円(クロームボディ)と日本の高級一眼レフカメラの4台分(ニコンF2フォトミックとキヤノンF-1各2台づつ)に相当していました、いかに高価な35ミリカメラであったかが分かるかと思います、価格も芸術品的ですね。

|

« 新聞写真の舞台裏4 | トップページ | 全長わずか126mm »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/54665880

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術品。:

« 新聞写真の舞台裏4 | トップページ | 全長わずか126mm »