« AF一眼レフのタイムラグ | トップページ | ニコンレンズシリーズE 35mmF2.5 »

ニコンF2 モータードライブMD-2 カタログ

以前にニコンF2用モータードライブMD-1のカタログを2種ほど紹介しました。
今回は後継モデルMD-2カタログの紹介です、こちらは12頁と以前の物より豪華なものとなっていました。
1974年頃のもので、1977年秋発売の廉価版モデルMD-3と同バッテリーケースMB-2は掲載されていません。
12s
34s
56s
78s
910s
1112s
参考:1971年店頭用販促MD-1カタログ
    1972年MD-1カタログ

|

« AF一眼レフのタイムラグ | トップページ | ニコンレンズシリーズE 35mmF2.5 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

F2発表当時から憧れだったF2アイレベル黒とモータードライブMD-2/MB-1の組み合わせは、1976年半ばになって、やっとの思いで新品を同時入手した思い出があります。
購入当時のF2のボディは中期の75F2で、アイレベルファインダーDE-1は底部にゴムシールが付いた後期タイプでした。
MD-2の方は、位置決め突起が梨地クロームめっきの金属(真鍮)製の前期型で、バッテリーケースのMB-1はバッテリーチェッカーが指針メーター式、底面は人造皮革が貼られていない塗装面のみの初期型でした。

MD-2/MB-1は、最初に買った上記のものを含めて初期、中期、後期型と言える各1台を所有しています(モーター軸のプラ製ギアが割れて空回りするMD-3も1台ありますが)。

投稿: MARK12 | 2012年4月26日 (木) 19時50分

 今は付いてて当たり前のモードラですが、MD-2のセットはF2ボディ並みの価格で、普通のボディなら2台買える高級品でしたね。
 作例のアメフト写真を見て「おお!」と思いました。昔の駒沢第2球技場ですね。東京オリンピックから10年も経たない頃と思われます。現在は人工芝に変身しましたが。
 F2モードラの音といえば、かなりうるさい方でした。舞台撮影の時、ニコン純正の消音ケースで音が残るので、手製の消音ケースを作りました。かなり音はしなくなりましたが、フィルム交換ができないので不便でした。
 プラ製ギアが割れた時は、ニコンからの紹介で「キィートス」で修理してもらいました。

投稿: しんじ | 2012年4月27日 (金) 00時51分

MD-2を付けたF2はやはり存在感がありますね。F2のブラックボディをチョイスした点も男らしさが出ており良いと思いました。フォトミックSとDS-1を併用した自動撮影の説明のページから、当時の想像し得る未来の可能性へ挑戦をする技術者の熱意を感じ取る事が出来ました。

投稿: igay | 2012年5月 8日 (火) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/54557379

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 モータードライブMD-2 カタログ:

« AF一眼レフのタイムラグ | トップページ | ニコンレンズシリーズE 35mmF2.5 »