« 新聞写真の舞台裏3 | トップページ | ニコン インバージョンビューワー広告 »

F0.519のレンズを設計して 吉田レンズ

今から50年以上前、アサヒカメラ1960年3月号には明るさがF0.519というレンズを設計した方の解説記事が載っていました。
12s
始めには編集部のコメントとして「これは一般カメラ雑誌にははじめて発表されるF0.519レンズ設計者の解説である。 現段階では、まだアナスチグマットにするまでには考慮されていないので、すぐに写真レンズに適用できるとは限らないが、その将来は明るく開けている。」と載っていました。
半世紀以上経った現在でも、このような超高速の写真レンズは出ていませんが、仮に出ていたとしても、開放ではとても深度が浅い(薄い)ものとなってしまいそうですね。

|

« 新聞写真の舞台裏3 | トップページ | ニコン インバージョンビューワー広告 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

光ディスクのピックアップレンズとして、現在では
なくてはならないものとなりました。
吉田正太郎氏が公開していたため、特許の縛りが無かったのも良かったそうです。

投稿: tune | 2012年4月21日 (土) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/54512730

この記事へのトラックバック一覧です: F0.519のレンズを設計して 吉田レンズ:

« 新聞写真の舞台裏3 | トップページ | ニコン インバージョンビューワー広告 »