« このファインダー内情報を持つカメラを当ててください その2 | トップページ | 超広角レンズの発達と最近の傾向 »

超望遠レンズの発達と最近の傾向

32年前のカメラレビュー13号にはタイトルのような記事が載っていました。
1s
2s
3s
4s
この記事にあるように、1970年代半ばからインナーフォーカスと特殊低分散レンズや螢石を積極的に使うようになり超望遠レンズの性能は著しく改善したように思います。

|

« このファインダー内情報を持つカメラを当ててください その2 | トップページ | 超広角レンズの発達と最近の傾向 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

 大変興味深い記事です。望遠レンズの発達とともにフォーカシングスクリーンが交換できるボディーも増えて、一層顧客を取り込んだと思います。

投稿: しんじ | 2012年3月25日 (日) 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/54298496

この記事へのトラックバック一覧です: 超望遠レンズの発達と最近の傾向:

« このファインダー内情報を持つカメラを当ててください その2 | トップページ | 超広角レンズの発達と最近の傾向 »