« ポケットに入る可愛いカメラ | トップページ | スピードライトのメカニズム »

一生一台のカメラです。

「一生一台のカメラです」、「一生のパートナーです」
1970年頃までのニコンFカタログの冒頭ページにはこのような文言がみられました。

1ss
2s
当時、発売から10年近く経てもなお第一線で活躍する堅牢なカメラという自信の現れでしょうか。

|

« ポケットに入る可愛いカメラ | トップページ | スピードライトのメカニズム »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは!
Nikon RA350で検索して辿り着きました。

私はBessa R2Mにて、135オンリーでモノクロ撮影をしており、未だに自家現像しております(-_-;; いよいよ自分で焼きたいと思い、様々な引伸機を検索していたところ、NikonRA350のことを知り、これで焼きたい!と思うようになり、情報がほとんどない機種だったため、毎日毎日ネット検索ヤフオク検索友人知人に情報を募り現在この機種を全力で探しておりました(^^;;

このブログを読みあさり、大変勉強になりました!有難う御座います!ますます欲しくなりました!が、この機種は、現在ではほとんど入手不可なのでしょうか?何か情報があれば教えて頂けないでしょうか?メールアドレスとブログのURLを残しておきます。何卒宜しくお願い申し上げます。

失礼致します。

投稿: Yuto | 2012年3月14日 (水) 10時21分

現在では銀塩を使われて精力的に撮影をされている方は相当減ってしまいました、モノクロでも自家現像されている方はさらに少ないかと思います。
ニコンのRA-350は非常にガッシリした造りの35ミリ判専用で、しかもカラーヘッドでも無いモノクロ用としてはかなり高価でしたので、あまり売れなかったようです。しかし、ヤフオクやebayなどを丹念に探すと、偶に出品されているのを見かける事がありますので、見つけられない事はないと思います。
また、今では人気もありませんので、出たとしてもそれほど高価にもならないと思います。
因みに、私は数年間に3~4回ほど出品されているのを見かけました。
気を付けないといけないのは、専用のエルニッコール50mmF2.8が付属していないと、正確なオートフォーカス機能が使えないので、入れ替えが無いかの確認をして下さい。
もしかしたら、ここを見ているオーナーで、使わなくなったRA-350を譲って下さる方が現れるかもしれませんね。

投稿: MARU0 | 2012年3月14日 (水) 23時34分

MARU0さま

ご返信有難う御座います!入手までには結構時間がかかりそうですね... 5月に写真展があり、そこに手焼きで出展するつもりなのですが、間に合いそうにない気がしてきましたσ(^_^;) でも希望は失わず前向きに血眼になって検索し続けたいと思います!有難う御座います!中古から現行機まで様々な引伸機を検討しましたが、新品はまず予算がないということで選択肢から除外しました。色々調べたり聞いたりしているうちにRA350にまっすぐに惚れちゃった次第です。MARU0様も所有されてるということですが、羨ましい限りです!アドバイスも有難う御座います!また何かあれば質問させて頂いてもよろしいでしょうか?宜しくお願いします!

やっぱ銀塩が好きです!今はデジタルカメラを全部売り払いフィルム還りして良かったと思います!

投稿: Yuto | 2012年3月15日 (木) 00時14分

Yutoさんは印画紙の焼き方はご存じなのでしょうか?

私は諸事情によりいまは写真もほとんど撮っていませんが、モノクロは自分で現像して焼き付けての完成をイメージして撮っていたので、事情が好転すれば再開したいと思っています。

私は予算がなかったためもらいもので焼き付けていましたが、ピント出しには最新の注意を払いましたが、焼き付けはさらに奥が深く楽しいので自分の思い通りのプリントが出来ると良いですね。

ニコンFは普通のアマチュアであれば一生のパートナーですが、写真館のプロの方でも一生のパートナーですね。私も写真館のオーナーが亡くなり遺族の方が整理したと思われるFを持っていますが、私が現在持っているニコンのカメラの中で一番ボロで一番調子の良いボディーです。

投稿: ガタピシ | 2012年3月15日 (木) 16時30分

ガタピシ様

ご連絡有難う御座います!私は印画紙に自家焼きした経験はありません。全くの素人です。もともと10年以上前まではフィルムカメラで写真を撮っていましたが、プリントは全部写真館の方にお願いしておりました。カラーネガに関しては再開した今もそうです。モノクロ自家処理にはずっと前から憧れがありまして、昨年考え抜いた末、年末にデジタル機器をすべて処分しフィルム還りしました。2012年より自家現像を始め、写真展出品も視野に入れてそろそろ自家焼きをしてみようかと思った段階です。聴くとやるとでは話が違うとはずですので、とにかく経験を積みたいと考えております。
本当は30年くらい前の引き伸ばし機をもらえる予定だったのですが、全く使える状態ではなかったようで、引き伸ばし機は自分で探すことにし、フィルム現像をコツコツ習得しながら現在は引き伸ばし機を探している最中であります。

私もカメラを購入する際は、Nikon Fを考えておりましたが、RFカメラを使いたかったので、デジタル一眼レフその他諸々一式を売却した資金で、中古で程度の良いBessa R2MとNOKTON Classis1.4/35とHELIAR Classic1.8/75を買いました。今はもうこのカメラ以外買い替える気も買い増しする気もないくらい気に入っております^^ 友人は最近FM2を買いましたが(^^;;

LPL製やLucky製の引伸機も悪いわけではないのですし、自家焼きを行っている知人はフォコマートがいちばん!と勧めてきますが、私はどうしてもRA-350を使いたいと思っています。Nikonが好き...だからですね。好きを大事にしたい。そう思ってます。

ガタピシ様の再開、愉しみにしております!
今日もRA-350は見つけられませんでした(^^;;

投稿: Yuto | 2012年3月15日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/54214762

この記事へのトラックバック一覧です: 一生一台のカメラです。:

« ポケットに入る可愛いカメラ | トップページ | スピードライトのメカニズム »