« 物体距離・像距離・撮影距離・撮影倍率 | トップページ | このファインダー内情報を持つカメラを当ててください。 »

ニコマートFTnとニッコール望遠レンズ

ニコマートFTnとニッコール望遠レンズの宣伝広告です。
S

ニコマートEL発表前、今から40年前の1972年頃の広告です。
ニコマート系でワインダー/モータードライブが付けられるようになるには1976年発売のELWまで待たないとなりませんでしたが、もし、仮にこのニコマートFT系で秒2コマ程度のワインダーが付けられたら、100万台以上売れたカメラでしたが、もっと売れたでしょうね。

|

« 物体距離・像距離・撮影距離・撮影倍率 | トップページ | このファインダー内情報を持つカメラを当ててください。 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

この時代こそワインダーがあったらと思う被写体が多かったですね。AE-1はワインダーが付けられるからと手に入れましたが、フィルム代と印画紙に消えて、ワインダーは去年使えるジャンクでようやっと購入しました(笑)。

カメラの自動化も進んだ代わりに絵になる仕事なども自動化が進み、消えてしまったのは皮肉としか思えませんね。

投稿: ガタピシ | 2012年3月22日 (木) 15時44分

モータードライブは国内外のカメラにも色々と用意されていましたが、ワインダーという概念は、1973年発売のTOPCON SUPER DMと同時に用意されたTOPCON AUTO WINDERが最初でしょうね。
このトプコンのオートワインダーの中折れ式の電池ボックスのやり方は、その後のCONTAX RTS用のワインダー(RTW)でも用いられていました。
このトプコンのワインダーが刺激となったのか1970代後半には各社からワインダー装着可能なカメラが出てきますが、ニコンではワインダーは、結局ELW/EL2用のAW-1の1種類しか発売されず、他は全てモータードライブでしたね。

投稿: MARK12 | 2012年3月22日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/54278310

この記事へのトラックバック一覧です: ニコマートFTnとニッコール望遠レンズ:

« 物体距離・像距離・撮影距離・撮影倍率 | トップページ | このファインダー内情報を持つカメラを当ててください。 »