« オートアップ | トップページ | カラーで見るキヤノンA-1の内部構造 »

カメラの耐寒性能

ニコン新聞に連載されていたカメラの豆知識の中の「カメラの耐寒性能」についてです。
S


|

« オートアップ | トップページ | カラーで見るキヤノンA-1の内部構造 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

昭和50年代の記事でしょうか?
昭和40年代のSLブームの時は、極寒期の撮影に行くのに、ハイエンドアマチュアの方はニコンのSCで油抜きのサービスを受けてから行っていたいましたから。

投稿: ガタピシ | 2012年2月 4日 (土) 14時44分

この記事は昭和40年代半ばの頃のものです。
同時期の豆知識で関連のある電池についても紹介したいと思います。

投稿: MARU0 | 2012年2月 4日 (土) 16時35分

昭和40年代半ば過ぎ頃に天文アマチュアで
ドライアイス冷却カメラが流行り始めましたが
バルブのみでは何もしなくても普通に動作して
くれましたが、低温でフィルムの方がちょっと
した事で切れてしまいました。後年になって聞いた
話では南極、高地では低湿のため静電気の放電マークの
映り込みが一番の問題だったみたいです。

投稿: tune | 2012年2月 6日 (月) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/53879818

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの耐寒性能:

« オートアップ | トップページ | カラーで見るキヤノンA-1の内部構造 »