« 露出計用電池について | トップページ | ニコンステッパーの広告宣伝 »

ニコマートEL テストレポート

写真工業1973年3月号にはニコマートELのテストレポートと技術資料が載っていました。
技術資料は7ページにわたり載っていましたが、ニコンテクニカルマニュアルには「ニコマートELのメカニズム」とした更にページを割いた技術解説が載っていました。
12s
34s
56s
78s
テストレポートでは、メーカー非公表の約8秒のスローシャッターにも触れています。

|

« 露出計用電池について | トップページ | ニコンステッパーの広告宣伝 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

カメラ単体だけで見ても最先端を走っていますね。すでに引退しましたがF14用のMPUの開発が行われている時代に設計に入っているでしょうから。

ニコマートELの使い方はこのテストレポートにあるように、報道関係ではニコンF2とニコマートELの組み合わせがスタンダードだったことからからして正しいです。でも当時ここまで出来たアマチュアは少なかったことでしょう。

ニコマートELはいまでも作動するものが多く、カメラに任せておけば大丈夫じゃないとゆうカメラと会話しながら撮影出来る楽しいAE機であり、ニコンと思わせるものが登場から40年経つのにあるのが好ましいです。

ニコンだけでなく日本の産業はいま大変な岐路に立っていますが、この時代のニコンのように、日本でなければ出来ない物造りに進んだ方が良いと思うのですが。脱線ですが。

投稿: ガタピシ | 2012年2月 7日 (火) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/53912921

この記事へのトラックバック一覧です: ニコマートEL テストレポート:

« 露出計用電池について | トップページ | ニコンステッパーの広告宣伝 »