« ニコンF2 発売初期の広告 | トップページ | 新発売時のニコマートFTカタログ  »

大ライカ M5

ライカM5が登場した頃の広告です。

Leicam5_s

広告のとおり大ライカとか弁当箱と言われた大型のMライカです。初めてTTL露出計を内蔵したライカM型ですが、このサイズで画像のようにズミクロン50mmでは、見た目ではレンズとのバランスが少々悪く感じます。
そして、価格はこの広告の時点で345000円、因みにニコンF2フォトミックに50mmF1.4付きが105000円、キヤノンF-1に50mmF1.4付きが100000円でしたから3倍以上していました。


|

« ニコンF2 発売初期の広告 | トップページ | 新発売時のニコマートFTカタログ  »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/53420908

この記事へのトラックバック一覧です: 大ライカ M5:

« ニコンF2 発売初期の広告 | トップページ | 新発売時のニコマートFTカタログ  »