« コーティングについて | トップページ | ニコンF3 三面図 »

Newズームニッコール200~600mm F9.5

このレンズはオートニッコール時代のズームニッコールオート200~600mm F9.5をマルチコート化し、鏡胴デザインなどを改良したもので、1976年2月の発売、その後、AI-S化された物が1982年4月に登場するまで開放測光とは無縁なレンズでした。
New200600mmf95s

また、このレンズの登場と時期を同じくしてEDレンズ採用の新設計ズームニッコールED180~600mmF8は、AI-S化された時も同時期と、ユーザーに二者択一出来る様に?なっていました。
しかし、価格は前者が230000円に対し後者EDレンズの物は650000円と3倍近い価格差がありました。

|

« コーティングについて | トップページ | ニコンF3 三面図 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/53309973

この記事へのトラックバック一覧です: Newズームニッコール200~600mm F9.5:

« コーティングについて | トップページ | ニコンF3 三面図 »