« この部品を使うカメラは何? その3 | トップページ | プロが組んだNewF-1 野村誠一 »

手にすれば未来感覚 ニコンVライン双眼鏡

ニコンVライン双眼鏡新発売の広告です。
お手頃価格のポロプリズム双眼鏡で、ジュージアーロの手により近代的なデザインに仕上がっています。
Vs
私は、これを見た時、昭和40年代に出たニコンルックに似た位置づけの双眼鏡だと感じました。

|

« この部品を使うカメラは何? その3 | トップページ | プロが組んだNewF-1 野村誠一 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

私も同意見です。

ジュージアーロー氏のデザインは生産を中止しても30年経ってもデザインが陳腐化しない優れたデザインをします。F3など電装品を設計し直して販売してもいまでも古さがありません。

車だと117クーペーがモーターショーに出された時はあの時代の中で未来的な斬新さがありましたが、私は21世紀の始まりに居てこの時代が好きではありませんが、117をいま見ると車の貴婦人とゆう感じで、今は見ていると優雅でいやしを感じます。ピアッツァは古さがありません、

仕事柄いすずのトラックで随分仕事をしましたので、販売営業所の所長にこの2車種手に入る?と聞いたところ、うちで製造販売したけどまったく出てこないよ。117は特に無理だね。とゆわれてしまいました。

このキャッチコピーは工業デザイナーとしての氏のデザインの在り方を感じます。

投稿: ガタピシ | 2011年10月 6日 (木) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52901933

この記事へのトラックバック一覧です: 手にすれば未来感覚 ニコンVライン双眼鏡:

« この部品を使うカメラは何? その3 | トップページ | プロが組んだNewF-1 野村誠一 »