« プラス・モードラ。一瞬へ、また近づく。 | トップページ | 豆知識 レンズの解像力 »

僕のコダクローム

昨年、最後のコダクロームが製造中止なり、現在はコレクションくらいしか残っていないかもしれませんが、かつて、ポール・サイモンの「僕のコダクローム」というタイトルの歌があった事はご存じの方も多いかと思います。

「僕のコダクローム」は彼の変わらぬ過去の思い出を歌ったもので、「ナイコン(Nikon)カメラとコダクロームフィルムを使って撮ったカラー写真ほど、鮮やかに懐かしい思い出の数々を再現してくれるものは無い」といったような感じで、タイトルや内容に商品名が出てくるのですが、実はCMソングとして作られてはいないんですよね。

|

« プラス・モードラ。一瞬へ、また近づく。 | トップページ | 豆知識 レンズの解像力 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

「僕のコダクローム(Kodachrome)」は、ポール・サイモン(Paul Simon)のソロとしての2枚目のアルバムとなる1973年5月発売の「 There Goes Rhymin' Simon(ひとりごと)」に入っていた曲で、
シングル盤としても発売されて1973年7月には全米ヒットチャートの2位までになりました。
日本でもヒットしましたから、この曲を知っている方も多いことでしょう。
歌詞の一節には下記の様に「僕はNikonのカメラを持ってて」と言うようなくだりがありますね。

I got a Nikon camera
I love to take a photograph
So Mama, don't take my Kodachrome away

この歌のNikon(ナイコン)の発音が割と鮮明だったためか、Nikonがアメリカなどでは「ナイコン」と発音されているらしいと日本でも広く知られるきっかけになったようにも思います。

KodachromeやNikonなどの実際の商品名が歌詞に出てくるので話題になった曲でもあるようです。
コダックのフィルムやニコンのカメラの愛用者にはたまらない曲だったかもしれませんね。
しかし、現実に存在する商品名が入っていると言う理由等で、イギリスのBBCや日本のNHKなどの公共放送では放送禁止になったりした一面もありますね。
特に歌の終わりの方では、Kodachromeという言葉が連発されます。
尚、この曲はずっと後になりますが、1990年代の後半にコダックのCMに使われたそうです。

投稿: MARK12 | 2011年10月21日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/53024848

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のコダクローム:

« プラス・モードラ。一瞬へ、また近づく。 | トップページ | 豆知識 レンズの解像力 »