« レンズの気泡 その2 | トップページ | カメラマンの数だけ、F-1がある。 »

キヤノンF-1後期モデル

ニコンF2のライバル機種と言えるキヤノンF-1の後期モデルの簡便なカタログです、キヤノンF-1Nと称される場合もありますね。
1s
2s
3s
4s
5s


|

« レンズの気泡 その2 | トップページ | カメラマンの数だけ、F-1がある。 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

NewFDレンズが装着されているところから1979年以降でしょうか?
当時のニコンF2が不恰好なフォトミックファインダーを装着してたのでF-1はかっこよく見えました。
10年位前に非常に程度の良いF-1を入手したのですが、金欠でやむなく手放してしまいました。
今思えば手元に残しておくべきだったと後悔してます。

投稿: 空歩人 | 2011年10月11日 (火) 07時16分

F-1の後期型が、キヤノンのメカニカルシャッター一眼レフの完成形ですね。

1/2000秒を安定させるため、この前のモデルと比べるとバネを強力にしたようで、高速シャッターの音が安定しており、このモデルは持っていないものの、1/2000秒の作動音が短くなっているので、1/2000秒も安定していると思います。

F-1もこの頃、プロ用、ハイ・アマチュア、業務用に販売量が増えたようで、ファインダースクリーンの種類も増えているのから感じます。
登場時は4種類のみでした。一般撮影用には私はアマチュアだったので普通の300ミリF5.6しか手に入れられませんでしたが、300になると慣れが必要でしたが、一般撮影用のものでもピントが出せたので、登場時ファインタ゜ースクリーンに絶対の自信があったのでしょう。

投稿: ガタピシ | 2011年10月11日 (火) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52946968

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンF-1後期モデル:

« レンズの気泡 その2 | トップページ | カメラマンの数だけ、F-1がある。 »