« ステッパー性能を表わす三要素 | トップページ | コムラ―レンズがあたなの夢をキャッチする »

世界最初の完全自動絞り Zunow

ニコンFが発表された頃の1959年4月のスノーペンタフレックスの広告です。
19594s

完全自動絞りを全面に打ち出しての宣伝です、個人的にはニコンF発表を意識してのものでは無いかと思ってしまいます。
因みに、このズノーペンタフレックス5.8cmF1.2付の価格108500円は5cmF2付ニコンFより40000円以上高価でした。
尤も、価格差の大きな要因の1つには標準レンズ5.8cmF1.2が高価だった事がありますので、5cmF1.8との比較ではニコンF方が8500円高価で逆転してしまいますので、本体は決して高価だったとは言えないですね。

|

« ステッパー性能を表わす三要素 | トップページ | コムラ―レンズがあたなの夢をキャッチする »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52748890

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最初の完全自動絞り Zunow:

« ステッパー性能を表わす三要素 | トップページ | コムラ―レンズがあたなの夢をキャッチする »