« ステッパーの由来 | トップページ | 非球面レンズが生きる 他にはない実力、24ミリからの5倍ズーム »

ニッコール 広角レンズ

1954年末頃の日本光学の広告です。
ニッコールレンズの、それも広角のみを紹介した広告でした。
195411s


|

« ステッパーの由来 | トップページ | 非球面レンズが生きる 他にはない実力、24ミリからの5倍ズーム »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

設計の計算に時間がかかったこともあり、やはり広角の種類もありませんね。

ニコンらしいと思うのは3.5cmF2.5の方が当時としては大口径だったのに、ニコンSシリーズの時代最も売れた広角レンズだったことですね。いまとなっては手に入れるのも大変ですが、このレンズ設計はニコノスの標準レンズにも使われましたから、ニコノスを手に入れて使ってみるのもいいかもしれません。デジに使いたい方はやはりアダプターリングですね。

ガウスタイプのため、逆光ではフレアーが出ますが、それはそれで味わいがあります。ニコノスⅣ・ⅤはAi、Ai-Sの時代ですので、カラーでの撮影も楽しいと思います。

投稿: ガタピシ | 2011年9月14日 (水) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52713760

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコール 広角レンズ:

« ステッパーの由来 | トップページ | 非球面レンズが生きる 他にはない実力、24ミリからの5倍ズーム »