« ニコンF3MD付 自動車と共に水面落下!! | トップページ | 外国語のカタログ ニコンFG »

ニコンFG 技術解説

ニコンFGですが82年5月発売から86年12月在庫払底までに735000台が販売されました、下はカメラレビューに載っていた技術解説です。

1s
2s


|

« ニコンF3MD付 自動車と共に水面落下!! | トップページ | 外国語のカタログ ニコンFG »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

私が少年時代にこのFGを手にしたのは、昭和59年3月のことでした。
以来この27年間で数回の修理を行いましたが、現在も快調に作動します。

当時はF2やF3(共にモーター付)に胸を焦がしてましたが、撮影業者となった今では私にとって忘れられない一台です。

投稿: マー/JNA東海 | 2011年9月 3日 (土) 23時23分

いまコンパクトカメラ代わりに使っていますが、フィルムの性能が良くなったこともありストロボの自動調光の持ち味を感じます。

ニコンの現在に続く自動調光装備の最初のカメラなのですからもっと評価されてもいいように思うのですが。

投稿: ガタピシ | 2011年9月 7日 (水) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52622617

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFG 技術解説:

« ニコンF3MD付 自動車と共に水面落下!! | トップページ | 外国語のカタログ ニコンFG »