« 標準レンズの中でも最も広く愛用されているレンズ ニッコールオート50mmF1.4(C) | トップページ | 新・カメラの豆知識29 最近の写真レンズの設計 »

世界の報道シーンを支える、ニコンF3.

14s
12
34s

ニコン新聞234号はロスオリンピックの報道の現場で使われているニコンF3などを紹介していました。

|

« 標準レンズの中でも最も広く愛用されているレンズ ニッコールオート50mmF1.4(C) | トップページ | 新・カメラの豆知識29 最近の写真レンズの設計 »

NikonF3」カテゴリの記事

コメント

この記事見ていると複雑になります。
現与党が原発のストレステストなどをし、福島の自然災害による原発事故で来春には原発が運転中止になると、デジカメを使えるインフラがどうなるか。

中東の春と呼ばれている北アフリカの産油国て゜起きていることを見ると、原発の代替としての石油による火力発電が維持でき、原発の代替となりえるのかと思うと複雑になります。

オイルショックを体験しているだけに、一層の節電、石油の高騰が起きるとどうなるのかと思ってしまいます。

海底油田も新しく掘削出来るのは深海で、海底油田の事故はあまり日本では報道されていませんが、海底油田ではかなりの爆発事故があり、深海となるとメキシコ湾で起きた事故を見ても分かるようにまだ深海での掘削技術および消火作業を行うのに必要な技術者および装備、それを取り扱う要員が決定的に不足しているのが現状です。

使用電力の総量規制が行われたら、またこの時代に戻るかなとも思ってしまいます。

投稿: ガタピシ | 2011年8月23日 (火) 16時40分

 この時は大多数がニコンユーザーでしたが、キヤノンがオフィシャルで、ニューF1、高速モードラ、400/2.8など武器に宣伝していました。
 F3のニッカド充電器は1度に1本しか充電できないので、プレスルームで毎日自転車充電でした。しかも、撮影した大量のフィルムの現像処理もあるので、新聞の取材班で行った私たちは、撮影、現像、電送に分かれて作業しました。
 F3の中央部重点測光が結構安定していて、オートで撮影しても、グラフ用のポジ原稿が適正露出で仕上がりました。キヤノンのニューF1のスポット測光か部分測光を慣れないまま実戦で使ったカメラマンには失敗した人も多く、光線が朝から夕方まで変化する場面では使いこなすのが難しい、という評価でした。
 新聞用には、白黒とカラーネガ、週刊誌用にポジと3種類のタイプ、いくつもの感度のフィルムを用意して、今思うと大変煩わしい仕事でした。
 中には、一生懸命撮影していたら、40枚以上シャッターが切れるので、「もしや!」と思って巻き戻しノブを回すと、軽い。フィルム交換の時にメモを夢中で書いていて、新しいフィルム装着を忘れたまま撮影していました。当時は100フィート缶のフィルムを自分で巻いてフィルムを作っていたので、無理して40枚くらい詰め込む先輩もいたのですが。
 私が使用した2台のF3は故障することなく、期間中に1000本以上撮影したのではないでしょうか?紙面に載るのは毎日1枚か2枚程度。本社から「通信社の写真を使ったから」と言われると悔しかったですね。
 隣のカメラマンがキヤノンを使っているのを見ると、何となくそちらの方がよく見えたりもしました。でも、上述の慣れない測光スクリーンで失敗した話を聞くと、
F3はシンプルだけど、使いやすい。という結論に達します。
 五輪後にニコンから機材についてヒアリングされ、F3のマイナーチェンジに反映されたそうです。私は200-400mmがIFでなくて使いにくかった旨報告しました。
ニコンは別の社で400mm/2.8の試作機をテストしていたそうです。当時主流だった400mm/3.5の望遠はフードが浅いのが欠点と指摘されました。
 メイン競技場のメモリアル・コロシアムは夕方には日陰になる部分が多く、100m決勝では1/250しかシャッターが稼げません。室内の柔道、バレー、新体操でも同じです。今思うと厳しいですね。
 ちなみに、私の1台のF3Pは外国人プレスから見慣れないカメラとして「何だそれは?」と度々聞かれました。

投稿: しんじ | 2011年8月24日 (水) 01時53分

しんじさんのロスオリンピックにおける報道の現場のお話は、貴重でとても参考になります。

これまでに耳にすることもなかったお話も含まれていて興味深く拝読致しました。
今後ともこのような現場の情報などを期待しております。

投稿: MARK12 | 2011年8月26日 (金) 17時00分

 ちなみに、この五輪でソニーとキヤノンのデジカメ(当時は、35万画素程度の白黒電子スチルカメラ)がデビュー。新聞の締め切り間際のシーンの撮影で使われました。速報用にはデジタルの進化が始まります。

投稿: しんじ | 2011年8月27日 (土) 02時32分

ロスオリンピックで活躍したF3。
懐かしい話ですね。
AiニッコールED400mmF2.8sの試作機が出てたことを僕も聞いたことがあります。
デザインは後に発売された製品バージョンとは違い、300mmF2sに似たような外観デザインだったようですね。

投稿: shamjurix | 2011年9月 3日 (土) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52542505

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の報道シーンを支える、ニコンF3.:

« 標準レンズの中でも最も広く愛用されているレンズ ニッコールオート50mmF1.4(C) | トップページ | 新・カメラの豆知識29 最近の写真レンズの設計 »